今回の「昭和史コラム」で取り上げますのは「角瓶」。 これはサントリーが昭和12年(1937)に販売を開始したウィスキーであり現在も販売が行われている長寿商品です。近年におけるハイボールの流行に伴い、嗜まれる方も多いのではないでしょうか。私も好きで最近はビールよりも専らこちらを飲んでいます。

さて、この「角瓶」ですが販売に至るまでには長い道のりがありました。大正12年(1923)、サントリーの前身である寿屋の社長・鳥井信治郎はウィスキーの国産化を進めるべく、スコットランドにおいてその製法を学んだ竹鶴政孝を技師として招聘、その製造に着手させました。そして早くも6年後の昭和4年(1929)に日本初の本格ウィスキーとして「白札」を販売、翌年にも「赤札」を販売します。

ところが「白札」「赤札」は消費者に全く受け入れられませんでした。それのみならず、熟成期間を巡って鳥井と竹鶴が対立します。ウィスキーは長期熟成する事でまろやかに美味しくなるもの。竹鶴は技術者として早期販売に反対したのです。一方で販売せねばウィスキーは利益をあげません、それどころか製造や維持コストによって赤字を生み出し続ける事になります。鳥井は経営者として早期販売に踏み切ったのです。

この両者の亀裂は埋められず、竹鶴は寿屋を去り、北海道余市にて理想のウィスキーを作る自らの工場を立ち上げるに至ります。これはのちのニッカとなっていきます。この「ニッカ」の呼称はウィスキーが熟成するまでの間、同地産のリンゴからジュースをしぼって売り、その収益によって持久するという計画を立てていた為、屋号としていた「大日本果汁株式会社」を略したものです。

一方、鳥井はウィスキーの熟成期間に必要なコストを稼ぐ為に、新規事業を立ち上げ、その事業を売るという事を行いました。今風に言えばM&A、就中、事業譲渡ということになります。例えばビール事業である「オラガビール」、また歯磨き粉事業である「スモカ」などがそれに当たります。販売前提で収益性のある事業を立ち上げるという、先見の明と卓越した経営手腕を持つ鳥井ならではの手法と言えるでしょう。昭和12年(1937)、「サントリーウヰスキー12年」(角瓶)が日の目を見ることになります。